路地裏の生活者

路地の奥のリノベーション済み京町家で猫たちと共に暮らしています。長年暮らした築100年を超えるレンガ造りアパートメントが取り壊されることになり、中古マンションの購入を検討しましたが、たどり着いたのは築100年越えの路地の家でした。

2020-05-13から1日間の記事一覧

収納の少ない家の冬用布団の仕舞い場所

路地の奥のリノベーション済みの小さい町家に猫と暮らしています。 5月になって急激に気温が上がり、掛け布団を冬用の厚手の羽毛布団から薄手の羽毛布団に変えました。 この冬用の布団、普通なら押し入れに片付けると思いますが、我が家の押し入れは1間分の…