路地裏の生活者

路地の奥のリノベーション済み京町家で猫たちと共に暮らしています。長年暮らした築100年を超えるレンガ造りアパートメントが取り壊されることになり、中古マンションの購入を検討しましたが、たどり着いたのは築100年越えの路地の家でした。

2020-08-10から1日間の記事一覧

コロナ禍での海外移住⑪:たくさん食べさせるために試行錯誤

新型コロナの影響で日本へ入国できない友人宅の猫たちのお世話をした記録です。 友人宅のアメショくんと茶色くんの内、アメショくんの体重の大幅減少が発覚しました。 お留守番生活がスタートして2か月ほど経過したころのことです。 簡易検査の結果はリンパ…