路地裏の生活者

路地の奥のリノベーション済み京町家で猫たちと共に暮らしています。中古マンションの購入を検討しましたが、紆余曲折あって築100年越えの路地の家にたどり着きました。

必要な広さはどれくらい?

京都市内で「ペット可」の中古マンションを検索したら、あっさりと複数の物件がヒットしたのですが、当然のことながら、私の予算に合うのは狭い部屋ばかりです。

さすがに8畳の1Kみたいなところに一生住む気にはなれません。

当時住んでいたアパートの部屋と同じ広さは最低限確保したいと考えていました。

しかし、数値として当時の部屋の広さを把握していなかったので、賃貸契約書で確認したところ

24㎡

えぇぇ?この部屋、そんなに狭い?

住んでる本人が狭さを感じていなかったのに、数値上は結構な狭さでしたわ。

使いやすい間取りだから広く感じたのかしら?

いくらなんでも24㎡は狭い気がしたので、住宅情報サイトの色んな間取りと広さの値を比較して、私とネコーズが快適に生活するために必要な広さは、35㎡程度と想定しました。

検索でヒットした「ペット可」物件の中に、35㎡以上の部屋はありませんでしたが、33か34㎡の部屋が1件あったのです。

通勤にも便利なエリアで、2006年築と割と新しく、窓は3方向で浴室にも窓があります!

これは…ついに気に入る部屋に巡り合えたかもしれない (°_°)ゴクリ

というわけで、かなり期待して見学に臨んだのでした。

当日は、マンションの玄関前で営業さんと待ち合わせ、オートロックを開けてもらって、まずは共用スペースの説明。

駐輪場とかゴミステーションとか、きれいに整頓されている印象です。

では、エレベーターで目的のお部屋へ~

エレベーターには「ペットが乗ってますボタン」がついてました。

エレベーター待ちしてる人に、ペットが乗ってることを知らせて、動物嫌いな人がうっかり動物に出くわすのを防ぐのですって。

目的の部屋は4階の1DKです。

玄関を入ると廊下があって、突き当りが洗面&お風呂スペース

その手前、右手がキッチンへの入口ドアです。

狭い部屋なので、ドアを開けたら一目瞭然です。

そして狭いわりにDKと寝室用の各部屋に1台ずつエアコンがついてました。

収納は寝室側にあるクローゼット以外はキッチンの吊戸棚と流し下くらいかな。

う~ん、予想以上に狭い…

どうして?

35㎡弱なので決して広い部屋ではないのはわかっていましたが、当時住んでいた24㎡の部屋よりも狭く感じます。

本当に35㎡近くありますか?って、営業さんに確認してしまいましたわ。

この狭さでは長い年月を快適に生活できそうにございません。

残念ながら、ここもお断りすることになったのでした。

狭く感じた理由ですが、まずは廊下の存在でしょうね。

そして、洗面脱衣スペースの存在。

アパートは3点ユニットで脱衣スペースがありませんでした。

賃貸物件って、いろいろコンパクトにまとまってるんだなあと、感心したことが印象に残っています。

感心している場合ではありませんが…

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


ペット・動物との暮らしランキング

希望の条件を全てクリアする奇跡の物件だと思ったのに、もうお手上げ~

_のびー