路地裏の生活者

路地の奥のリノベーション済み京町家で猫たちと共に暮らしています。長年暮らした築100年を超えるレンガ造りアパートメントが取り壊されることになり、中古マンションの購入を検討しましたが、たどり着いたのは築100年越えの路地の家でした。

暖かくなったので虫よけ対策

しもやけが治りきっていないのに、蚊にくわれましたorz

どういうこと?

 

我が家の虫よけ対策

我が家は猫がいるので、ベープや蚊取り線香、強い殺虫剤は使えません。

蚊よけは、網戸を薄荷水で拭くくらい。

蚊が出たということは、そろそろG除け対策も必要ですわね。

これは例年、屋外用ブラックキャップ(グレイキャップ?)を愛用しています。

屋内に誘引剤を置くのは、呼び寄せそうで嫌なの…

 基本的に、侵入防止策に力を注ぎます。

 

薄荷油で網戸を拭く

薄荷油はストックがあったので、水で薄めて網戸を拭きますよ~

先に水拭きしておくとよろしいですわね ♪

うちはベランダがないので、屋外からは拭けない箇所もありますが、できる範囲でやりますよ。

 

路地にブラックキャップを設置する

 基本的にGは外部からやってくるので、侵入路を防ぐのが重要だと思っています。

でもね…完全には防ぎきれないorz

だから、周辺の生息数を減らすのが私の方針。

家の周辺にブラックキャップを配置して回ります!

 

恐怖の体験談(閲覧注意)

ちょっと怖い体験談をしてもよろしいかしら?

昨年のことです。

夏場に玄関の掃除をしていて、扉も拭き掃除していたとき、ふと頭上に違和感を感じてよく見ると、玄関扉とドア枠に挟まれて絶命したGが張り付いていたのです…

ドアを閉めるタイミングが一瞬ずれていたら…

 やはり、奴らは外からやってきます!

 

害のない虫とは共存する所存 

私は蚊とGには容赦ありませんが、虫全般に対して「バルス!」の呪文を叫びたいわけではありません。

好きでもありませんが、ハエトリグモさんとは、我が家の先住者として共存しています。

私が引っ越してきたときには既にいた。

すでに何度か世代交代していそうですけど^^;

あまり過剰に反応したくありませんが、QOLを下げる原因になる虫とは、接触を避けるべく対応していくつもりです。 

 

 

ポチっと押してもらえると励みになります♪ 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


ペット・動物との暮らしランキング

 

僕とおねえちゃんでGを採ってプレゼントするよ?

f:id:kyoko8064:20191031142921j:plain

かあちゃんは、もらいたくないのよ!