路地裏の生活者

路地の奥のリノベーション済み京町家で猫たちと共に暮らしています。長年暮らした築100年を超えるレンガ造りアパートメントが取り壊されることになり、中古マンションの購入を検討しましたが、たどり着いたのは築100年越えの路地の家でした。

アマルガム除去で改善した汗疱(手湿疹):その後の経過

路地の奥のリノベーション済み京町家に猫と共に暮らしています。

わたくし、現代人には珍しく花粉、動物、ハウスダストなどのアレルギーがありません。

しかし!

そんな私を長年悩ませたのが汗疱(手湿疹)です。

通称「主婦湿疹」

手のひらに小さい水疱が出来て、これがめちゃくちゃ痒い!

f:id:kyoko8064:20210618011330j:plain

かあちゃん、手がかゆーい

 

水仕事をする主婦に発症する人が多いから、主婦湿疹とよばれるようですが、私が発症したのは10歳ごろ。

 

www.inthe-alley.net

 

手湿疹とよばれますが、私の場合、発症後数年間の劇症期は、足の裏まで症状が出ていました。

もうね、痒すぎて震えたorz

会いたくて震えたことはないが、痒すぎて震えたのは実体験デス

 

幸い、私の場合は、梅雨時限定での発症だったので、なんとか我慢しましたが、1年中だったら耐えられない!

また、劇症期を過ぎて足裏の水疱が出なくなったら、震えるほどのかゆみではなくなりました。

痒いし見た目が汚いので嫌でしたが、日常生活に支障が出るほどではなかった。

発症直後に一度だけ皮膚科で診てもらったのですが、体質の問題だから治療法はないと言われ、なんの治療もすることなかったのですが、30代で歯の詰め物を交換したところ、ほぼ症状が出なくなりました。

そこで初めて、汗疱の原因が、詰め物に使われるアマルガムという金属だったと気づいたのです。

科学的に証明されたわけではありませんが、私の感覚としては「犯人はアマルガム!」

最初に書いたように、わたくしアレルギー体質ではありませんの。

安物のピアスをつけてもかぶれたことが無かったので、アマルガムに対するアレルギー反のだとは考えていませんでした。

発症するのが梅雨時限定だったのもアレルギーではないと考えた理由ですが、詰め物交換以外に、症状が改善するような変化にまったく心当たりがないのです。

梅雨時の今、少し症状が出ていますが、詰め物を交換する以前と比べたらレベルが違います。

以前は手のひら全体に水疱ができて皮がむけていましたが、今は指の間に一か所発生するくらい。

もしも同じ症状に悩んでいる人がいるなら、ぜひ歯医者で詰め物の材質をチェックすることをお勧めします!

 

  

本に掲載していただきました。

 

 

ポチっと押してもらえると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

  


ペット(猫)ランキング

 

Instagram始めました。

 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 京子 (@kyoko_inthe)