路地裏の生活者

路地の奥のリノベーション済み京町家で猫たちと共に暮らしています。長年暮らした築100年を超えるレンガ造りアパートメントが取り壊されることになり、中古マンションの購入を検討しましたが、たどり着いたのは築100年越えの路地の奥の町家でした。庶民の京町家暮らし。

来客仕様の寝室

路地の奥のリノベーション済み京町家に猫と共に暮らしています。

 

昨年末に友人が、しばらく滞在していた時の寝室です。

 

わたくし、普段はベッドの上に敷布団を2枚重ねて敷いていて、お泊り客があるときは、片方を客用布団にします。

うちには客用布団を収納しておくスペースがないので。

www.inthe-alley.net

 

敷布団さえ2組あれば、掛け布団は何とかなります。

春秋用の薄手の羽毛布団と毛布。

 

敷布団のシーツは、マットレス用のボックスシーツを使っています。

普段は、2枚重ねの敷布団をボックスシーツに詰め込んでる。

中身が1枚だとブカブカですが、寝てる間にずれるほどではありません。

ひっくり返して乾燥させたいときとかも、分厚いマットレスより動かしやすいし、敷布団2枚重ねは、融通が利くのでお勧めです^^

  

本に掲載していただきました。

 

 

ポチっと押してもらえると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

  


ペット(猫)ランキング

 

Instagram始めました。