路地裏の生活者

路地の奥のリノベーション済み京町家で猫たちと共に暮らしています。長年暮らした築100年を超えるレンガ造りアパートメントが取り壊されることになり、中古マンションの購入を検討しましたが、たどり着いたのは築100年越えの路地の奥の町家でした。

カラー生活と食欲不振

路地の奥のリノベーション済み京町家に猫と共に暮らしています。

 

4月末に動物病院で血液検査とエコーを受けたプリティガールは、腎臓サポートの療法食生活がスタートしました。

幸い療法食を拒否することは無かったので安心したのですが、通院2日後に、おなかを舐め壊しているのを発見してしまったorz

エコー検査のために毛刈りされたのですが、その部分を舐めすぎて皮がむけてしまっている!

 

急遽、エリザベスカラー生活です…

お腹の傷には、人間と同じ塗り薬のリンデロン

少し以前に私がお世話になった薬ですが、猫も同じ薬で良いとのことなので、これをぬって様子見。

この薬がよく効いたようで、ひどい炎症は2日ほどで治まりました。

ただ、舐めると再発するので、エリザベス生活はもう少し延長。

 

そうしたところ、ハンストです…

食事の時はカラーを外すのですが、ほんの少ししか食べてくれない。

病院で体重を測ったときが、3.5kgだったのに、3日後には3.3kg

人間なら誤差の範囲ですが、猫だと心配になる減り方。

これ以上減るようなら、病院に行くべきかと考えていたところ、少し盛り返して3.4kgへ。

現在は3.3~3.4を行ったり来たりしています。

かぶれが落ち着いたので、現在はカラーを外しましたが、しつこく毛づくろいし始めたら一時的に付けています。

 

食欲は波があって、ある程度まとまった量を食べるときと、ティースプーン一杯程度、もういい…となったりです。

ちなみに食べ残したウェットフードは、絶対残りに手を付けることが無いので、半分ぐらい捨ててる気がする。

ウェットとカリカリを併用していて、メインがウェットです。

カリカリは完全に療法食に切り替えていますが、ウェットは食べないよりはマシなのでちゅーるや元々好んでいたメーカーのも併用している状況。

体重はせめてこれ以上減らないようにキープしたい。

 

この食事内容で、5月末の血液検査の結果はどうなるかな?

改善しているといいんだけど。

 

 

ポチっと押してもらえると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

  


ペット(猫)ランキング