路地裏の生活者

路地の奥のリノベーション済み京町家で猫たちと共に暮らしています。長年暮らした築100年を超えるレンガ造りアパートメントが取り壊されることになり、中古マンションの購入を検討しましたが、たどり着いたのは築100年越えの路地の奥の町家でした。

懐かしきレンガ造りアパートメントでの猫たちとの生活

路地の奥のリノベーション済み京町家に猫と共に暮らしています。

 

今週のお題「懐かしいもの」第2弾

 

わたくし、現在、築100年越えの町家に暮らしていますが、それ以前に住んでいたのは、さらに築年数の古いレンガ造りアパートでした。

f:id:kyoko8064:20181228173426j:plain

正面から見た図、ドーン

 

背後から見た図、バーン!

 

あまり写真を残していないので、過去ブログと同じ写真が多いです。

もっと写真を撮っておけばよかったな。

取り壊し退去が決まり、現在の住まいを購入しました。

私は現在の住まいも大変気に入っていますが、旧アパートも大好きでした。

ちなみに、隣はジャングルw

ベランダが無かったけど、3階に共同の物干し場があった。

基本は室内干しでしたが、布団はここに干してました。

 

我が家のプリティガールは、このアパート内で野良猫ママンが生んだ子

亡くなったハンサムボーイも、ここに住んでいた時に保護した子です。

べべ時代のハンサムボーイ♡

 

貴重な3ショット

初代ハンサムボーイのはちわれくんは、茶トラのハンサムボーイを保護した4か月後に急逝

 

外観のインパクトがすごいけど、室内は、割と普通でしたよw

当時の居間

正面の窓が西向きで、南北にも窓があるコンパクトだけど、真夏以外は居心地のいい部屋でした。

 

こっちは寝室

大理石のひんやりマットはハンサムボーイのお気に入り♪

 

ハンサムボーイは、毛づくろいは人任せ

おねえちゃん大好き!のハンサムボーイでしたが、プリティガールはややウザがってたのに、毛づくろいは要求されれば、熱心にやってあげてました。

プリティガールの画像がブレブレなところに熱心さが表れているかとw

 

キッチンの出窓で育ててた豆苗をかじる悪い奴

賃貸アパートは、奥へ深い間取りが多いですが、ここは横長で、キッチン、居間、寝室すべてに窓がありました。

 

www.inthe-alley.net

 

現在の住まいに満足していますが、今でも懐かしいなあと思います。

f:id:kyoko8064:20181229225703j:plain

 

 

 

ポチっと押してもらえると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

  


ペット(猫)ランキング