路地裏の生活者

路地の奥のリノベーション済み京町家で猫たちと共に暮らしています。長年暮らした築100年を超えるレンガ造りアパートメントが取り壊されることになり、中古マンションの購入を検討しましたが、たどり着いたのは築100年越えの路地の家でした。

2020-08-12から1日間の記事一覧

コロナ禍での海外移住⑬:猫のリンパ腫の治療方針

新型コロナの影響で帰国できない友人宅の猫たちのお世話を任されたのですが、その最中にアメショくんのリンパ腫が発覚しました。 猫たちだけのお留守番生活が始まって2か月が経過したころのことです。 精密検査の結果はリンパ腫で確定 リンパ腫の治療方針 転…