路地裏の生活者

路地の奥のリノベーション済み京町家で猫たちと共に暮らしています。長年暮らした築100年を超えるレンガ造りアパートメントが取り壊されることになり、中古マンションの購入を検討しましたが、たどり着いたのは築100年越えの路地の家でした。

猫の健康診断とおまけで私の献血

路地の奥のリノベーション済み京町家に猫と共に暮らしています。

我が家の猫、プリティガール

13歳で立派なシニアです。

 

毎年春に健康診断で血液検査をしています。

4月のことが多いのですが、今年は遅れて先日行ってきました。

血液検査と尿検査 ですわ。

例年どおり、フィラリア検査を兼ねています。

健康診断と、フィラリア予防薬接種前に罹患していないかを検査します。

フィラリア予防薬は感染している状態では使えません。

f:id:kyoko8064:20210525132230j:plain

猫の虫よけ系の薬の名前は、なぜに厳ついのか?

ノミ除けは「フロントライン」

フィラリア対策機能もある薬は「レボリューション」ですわよ?

 

おしっこも一緒に調べてもらいましたわ。

幸い血液検査は全て標準範囲内!

尿検査では、一部基準値外でしたが、経過観察でした。

今後は年1ではなく、半年に1回くらいは検査した方がよさそうです。

少なくとも尿検査は。

猫は歳をとると腎臓に不具合が出るこが多いのですが、プリティガールは、生まれながらに片方の腎臓が機能していません。

今回、エコー検査で左側が委縮していると指摘されたのですが、1歳未満のときに、誤飲で検査を受けて、その時におそらく機能していないと指摘されていました。

現在13歳。

片方しか腎臓が機能していない割には良い状態です。

このまま、キープして欲しい!

 

私は400ml献血をしても、体調に変化がない鈍感なタイプですが、プリティガールは検査のために血液を抜かれるとばてちゃうらしく、本日はぐったりしていました。

お嬢様、大丈夫?

f:id:kyoko8064:20201009163851j:plain

私は先日献血をしてきましたが、これが30回目でした。

びっくり!
年1回単位だと思ってたのですが、年2回の年が結構多かったようです。

記念にタオルを頂きました。

以前、献血センターで「初めての献血です!いい経験だったので、また来ます^^」とにこやかにあいさつして、椅子から立ち上がった女の子が、棒立ち状態で倒れたのを見たことがあります…

余りに突然で、誰も支えることが出来なかったorz

もうね、倒れるときにあちこちぶつけてそうで痛そうでした。

看護師さんたちが、すぐに駆け付けて介護してくれましたが、貧血を起こすことよりも、いきなり倒れて怪我をするのが危険だとのことです。

本当に痛そうな倒れ方だったの!

 

はじめて献血する方は、椅子から立ち上がる時にお気を付けください。

ちょっとでも変な感じがしたら、すぐにしゃがむこと。

倒れると、かなり痛い目にあうと思います。

プリティガールは、4足歩行なのでさすがに倒れることはなさそうです^^

 

本に掲載していただきました。

 

 

ポチっと押してもらえると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

  


ペット(猫)ランキング

 

Instagram始めました。

 

 

f:id:kyoko8064:20210525132225j:plain