路地裏の生活者

路地の奥のリノベーション済み京町家で猫たちと共に暮らしています。長年暮らした築100年を超えるレンガ造りアパートメントが取り壊されることになり、中古マンションの購入を検討しましたが、たどり着いたのは築100年越えの路地の奥の町家でした。庶民の京町家暮らし。

「ペット可」賃貸物件探しは大変

路地の奥のリノベーション済み京町家に猫と共に暮らしています。

 

私が猫を飼ったきっかけは、たまたま「ペット可」アパートに住んでいた当時、子猫を引き取って欲しいと頼まれたから。

それは問題ないのです。

しかーし、私はそのアパートから引っ越すときのことを考えていなかった!

思い返しても、全く考えていなかったね^^;

引っ越し先探しは難航しました…

 

「ペット可」物件探しの条件設定

譲れなかった条件は

  1. 予算
  2. ペット可
  3. 通勤可能エリア

上記3点です。

当時住んでいたのは、左京区一乗寺エリア

学生時代から住んでいて愛着がある。

卒業後も、住み続けている友人も多かったので、出来れば離れたくなかったのですが、エリアを限定していたら、物件は見つかりそうにない。

それに、通勤には不便な場所だったのです。

だから、早々に一乗寺にこだわるのは諦めました。

 

とにかく「ペット可」物件を見つけて、通勤可能エリアであれば検討しようという方針。

しかし、ひとり暮らし向けのアパートで「ペット可」は少ない!

その上、私の予算設定は、共益費込みで5万以下。

出来れば、4万円以下希望。

転職1年目で、収入も現在よりだいぶ少なかったからね~

 

特殊な不動産屋さんに相談

低予算での「ペット可」物件探しを始めたわたくし。

その代わり、築年数とか設備にはこだわりがありません。

ということで、ちょっと毛色の違う物件を多く扱っていると有名な不動産屋さん「ROOM MARKET」に相談したのです。

大手の不動産屋さんを複数巡って、撃沈してます…

 

roommarket.jp

 

そこで、紹介されたのが、築100年越えのレンガ造りアパートメントでした。

www.inthe-alley.net

 

ちなみに、この物件は「ペット可」を謡っていたわけではなく、特例として交渉すれば受け入れ可能という感じでした。

一般受けする物件ではなく、好きな人は長く住み続けるけど、多くの人は足を踏み入れるのに躊躇しそうな建物でしたからw

「ROOM MARKET」は、仲介ということになるのかな?

直接の管理会社は、高齢男性がひとりで運営している不動産屋さんでした。

 

私はひと目で気に入って、ここに決めました!

立地としては、一乗寺よりも街中へ出やすいエリアだし、通勤時間も短縮される。

 

「ペット可」なだけじゃなく特殊な条件を満たしていた

このアパートは、ラッキーなことに、中型バイクを駐輪するスペースまであったのです。

こっちの問題をすっかり忘れていたのですが、当時すでにXL230を所有していました。

 

www.inthe-alley.net

京都市内の賃貸アパートは、自転車の駐輪所すらない場合が、そこそこ多い。

中心地はもちろん、碁盤の目の外の一乗寺周辺でさえ、中型バイクの駐輪スペースがない物件が大半だったのに、たまたま住んでいたアパートの駐輪スペースが広かったから、この問題を見落としてました。

まさか「ペット可」と「中型バイク駐輪可」の両方を適える物件が見つかるとは!

しかも、低予算(共益費・水道代込みで4.8万円)で。

その上、好みの建物です♡

 

部屋探しの優先順位

物件探しの条件設定は重要ですね。

礼金が必要な物件は、絶対選ばないという人もいたなあ。

私も、ニッチな好みで助かった~

築浅物件に拘るタイプだったら、予算を上げないと無理だったと思う。

www.inthe-alley.net

 

後に骨をうずめてもいいと思うほど、惚れ込んだこのレンガ造りアパートメントは、取り壊されることになり、再び物件探しに苦労することになるのですが、あのタイミングで、あのアパートに出会えたのは、本当に運が良かったと思っています。

  

本に掲載していただきました。

 

 

ポチっと押してもらえると更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

  


ペット(猫)ランキング

 

Instagram始めました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 京子 (@kyoko_inthe)